岡山県 瀬戸内市 邑久町 介護 まごのて デイサービス ケアプラン にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 ベンチャーブログへ

2007年09月11日

『相手の身になって考える』

 夕方突如、某社課長と飲むことになりまして、和民へ。

 課長から見れば、僕はお客様という立場。
 なのに、なぜか!?『おう、おめぇ!』っといっつも言われます(笑)
 3年ほどのお付き合いですが、このスタイルになったのは二日目から。
 僕を弟分のように可愛がってくださり、愛情を感じます(^-^)

 課長は営業マン。
 アイパーでルックスはかなり営業マンの範疇を超えてます(失礼_。)
 が、個性が強いのにこれほど自然体な方はお会いしたことがない。
 誰も真似できないようなオリジナルのスタイルをもたれています。
 営業って、小手先のノウハウとかではないなぁ、っと思いますね。

 今まで何回も飲みに連れて行ってくださりましたが、
 今日ほど自分のことを話してくださったことはありません。
 だから、僕もとても嬉しかった。

 言葉で難しく言うのは実はとても簡単ですよね。
 だけど、
 自分の中から自然に沸き上がる簡単な言葉って、、
 
普通・・・、なかなか出てこないですよね。

 課長は難しいことは一切言わない。
 というかおそらく、そういうものはない。
 昔から野球を通じて学んだ“友情”が武器。

 途中『相手の身になって考えるんや』という言葉が、
 まるで言霊のように感じ、聞き逃せませんでした。


 『相手の身になって考える』 -
 どこでも当たり前のように使われている言葉。

 だが、言葉の持ち主によっては、
 シンプルなほど
 深く、
 印象に残りますね。


posted by ひろくん at 00:00| 岡山 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
魂の入った言葉って重くて深いですものね。

同じ一言でも、
その人の体験、人生のかかった言葉かどうかで、全然迫力が違ってきますね。

昔から野球を通じて学んだ「友情」というのが、その方の深い泉なんでしょうね。

僕もそういう泉を深く掘れる人間でありたいです(^^)。
Posted by sakakkie at 2007年09月13日 00:35
sakakkieさん
 そうですね。
 その人のそれまでの経験によって、発する言葉の重みは違いますね。
 オレは軽い(^-^;;)
Posted by ひろ at 2007年09月13日 09:02
「相手の身になって・・・」
いい言葉だけど、あまり考えすぎると、裏目にでることもある。自分で「相手のために」と思ってしたことが、かえってマイナスに働くことも・・・。

自分は自分、放っておこう!と思いつつ、放っておけない性格。
Posted by ムーミンママ at 2007年09月15日 22:46
ムーミンママさん
 そうですね。自分が惑わされずにいることも大切だと思います。そして、相手に(大丈夫)という言葉を発しない信号が送れたら・・・。
Posted by ひろ at 2007年09月17日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。