岡山県 瀬戸内市 邑久町 介護 まごのて デイサービス ケアプラン にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 ベンチャーブログへ

2007年11月17日

結果にはすべて原因がある

 先程、パートナーたちに話したこと。
 『結果にはすべて原因がある』
 ということ。
 
 例えば、
 国家資格に合格した。
 いきなり合格したのではない。
 合格(結果)するためのプロセス(原因)があったからだ。
 どうしても合格しなければという使命感と
 猛勉強したというプロセスに
 「運」がついて
 合格したのだ。

 「運」と
 「まぐれ」とはまったくの別物だ。

 「運」は
 それまでの努力というプロセスに味方してついたもの。
 「まぐれ」には
 プロセスはない!
 その重み、価値は
 雲泥の差だ。 


 では、介護に置き換えて見てみよう。

視野が狭い.JPG

 例えば、
 本人さまには、
 ちょっと前までは出来ることが沢山あったとする。
 それが、
 いくつかの理由(原因)によって現実(結果)は
 出来ることが少なくなってしまったとしよう。

 そのとき、パートナーは
 どこに目を向けて介護に当たれば良いのだろうか?
 「今」という結果に目を向けるのだろうか?

 ちがう。

 「今」という結果に目を向けて、介護していたのでは、
 行き先はレッドゾーン。
 つまり先細りだ。

 これを「今」という結果ではなく、
 そうなった理由(原因)に目を向けたらどうだろう。

視野が広い.JPG

 目を向ける順番は図の通りだ。
 つまり最後に「今」(結果)に目を向けることになる。
 すると、
 行き先は、回復の方向に行くかもしれない!
 
 もっと、結果ではなく原因に目を向けよ!
 もっと、行動にではなく理由に目を向けよ!

 理由(原因)に対して、
 介護せよ!
 そして、
 「運」も味方し、うまくいったら、
 皆で『良かったね♪』と言えば良い。

 まちがっても、
 次回同じ事をしてうまくいかなかったからと言って、
 理由(原因)に対して介護したことを攻めるな!!

 うまくいったことは
 すべて人のおかげ。
 うまくいかなかったことは、
 すべて自分のせい。
 なんだ。

 「運」もある。
 状況はいつも変化している。

成長した自分.JPG

 みんなよく頑張っている。
 私利私欲ではなく、
 ほんとうにお客様に喜んで頂きたくて、
 実際よく動いている。
 もちろんわかっている。

 でも、
 人間誰でも、
 「思い込み」という
 まったく不要な荷物を
 気づかずにしょってしまっていることがある。

 「思い込み」は
 百害あって一利なしだ。
 「信念」とは違うんだ。

 「思い込み」のせいで、
 新しい発想、取り組みが出てこない。
 「思い込み」なんか
 ゴミ箱に捨てよう!

 そして、
 素直なハート
 オープンなハート
 スポンジのようにどんどん吸収出来るハートで
 理由(原因)に向けて
 あたらしい介護をしよう。

 うまくいってもいかなくても、
 「昨日」という過去より成長した自分がいるから。

 比べる相手は
 それだけだ。


posted by ひろくん at 18:49| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。