岡山県 瀬戸内市 邑久町 介護 まごのて デイサービス ケアプラン にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 ベンチャーブログへ

2008年01月29日

マクドナルドの店長問題でおもうこと

 論議を交わしそうなこの件は、
 何が正当で何が正当でないかを、
 個別にわけてとらえる必要があると思う。


 法定では、
 原告側の主張がほぼすべて通った感じだが、
 管理職の権限については、僕は疑問だ。


 営業時間とメニューについては、
 管理職が決定権を持っていいと思うが、
 (当然上への報告は必要)
 価格と社員の採用まで管理職が決定して良いはずがない。


 商品の価格というものは企業のプライドだ。
 そこで働くパートナーのプライドでもある。
 そんな根幹となる大切なことが、
 管理職で自由に決定出来たとすれば、
 もはや会社は統制がとれないだろう。


 また社員の採用に関してもだ。
 アルバイトなら管理職がしっかり面接をして、
 しっかり育成していけばよいが、
 社員の採用はひとりであっても大きな人事権となる。


 中小零細企業であろうと、大企業であろうと、
 人事権と財務権は、
 絶対にトップが部下に譲ってはいけない権利だと、
 僕は思う。


 この人事権、財務権と管理職の待遇が、
 ごっちゃになってマスコミで報道されてないかな?


 僕は、店長は現場に限定した管理職だと思う。
 お客様とパートナーの双方が気持ちよくいられる
 環境をつくるための管理をする。


 店長の待遇に関して。
 会社は店長としてふさわしい人になってもらうわけだから、
 当然役割に適した報酬を出せる仕組みを
 トップは作っていかなければならない。


 また、長時間残業が、解決の糸口もなく、
 当たり前になっている体質があるとすれば、
 これもトップの責任だ。


 しかし、
 店長よりも部下の方が給料が高くなることは、
 ありえるだろう。賞与も同様。
 これは能力の問題であり、
 後に格の昇降もありえるだろう。


 この問題が今後どうなっていくのか・・・気になる。



posted by ひろくん at 09:47| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。