岡山県 瀬戸内市 邑久町 介護 まごのて デイサービス ケアプラン にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 ベンチャーブログへ

2008年02月12日

【書評】「のんのんばあとオレ」(水木しげる)



 マイミクのバグースさんにお借りして読みました。
 
 著者は鳥取県境港市生まれ。
 境港には「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するかわいい妖怪たちが
 沢山いますよねムード
 僕も観光に訪れたことがあります。

 この作品は、
 著者の幼少時代を重ねて描いているのでしょう。

 設定は境港。
 「のんのんばあ」という
 妖怪に詳しいおばあさんと仲の良い「しげーさん」という子供が、
 著者なのでしょう。

 各物語を通じて、
 子供が人生について学んでいくという要素が、
 要所要所に描かれていて温かさを感じます。

 面白かったですよウインク


posted by ひろくん at 10:58| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

いないいないばあ
Excerpt: 娘のお誕生祝いにいただきました。こんな単純な本が?と半信半疑に思いつつもときどき読み聞かせていましたら、1歳になった途端、自分でめくっては、”ばぁっ!”と叫ぶようになり、びっくりしています。赤ちゃんに..
Weblog: みかの記録
Tracked: 2008-02-15 12:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。