岡山県 瀬戸内市 邑久町 介護 まごのて デイサービス ケアプラン にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 ベンチャーブログへ

2008年02月04日

パートナーへの告白 と 【書評】「I am a man」(高橋滋)

 パートナー(スタッフのみんな)の事で、
 一番悩み、一番心を痛めます。


 理由は「一番気になるひとたちだから」です。
 自分がどうしたら良いのか・・・、
 いつも戦いです。


 クレドを作って、
 ひとりひとりと目標設定用紙を立て、
 ひとりひとりと毎日交換日記を続け、
 毎朝毎朝くどいほど、
 挨拶と笑顔についてげきを飛ばすこと2年。


 挨拶に関しては、
 来客の方々から褒められる事が多くなりました。
 僕も、パートナーが褒められることが何より嬉しいです。


 パートナーが好きだから、
 必ず誕生日には花を贈り、
 嬉しいことがあれば自分のことのように一緒に喜び、
 この子は普段どんな音楽を聴いているのだろう?
 っと車に積んであるCDを借りたり、
 休みの日には何をしているのか聞いたり、
 家族旅行のおみやげ話を聞いたり、
 とにかく気になるんです。
 
 でも、
 ひとつずっと言えない胸のつっかえがあります。

 それは、
 社長である僕の行為がすべて軽く流されてしまうこと。


 一昨日も皆で飲み会をしました。
 お金はすべて会社持ち。
 その場で誕生日の花束を渡したり(僕のポケットマネーで)
 「スローガン賞」、「資格取得祝」なども、
 ポチ袋に入れて手渡ししました。
 前々から渡すのが楽しみで楽しみで、
 用意周到でした(笑)


 でも、今朝も、
 『社長、一昨日はごちそうになりました。』
 っと、自分から僕に言ってくる人は、
 ただのひとりもいません。毎回のことです。
 ですので、僕の方から、
 『一昨日はお疲れ様!ありがとう。』
 っとひとりひとりに声をかけます。


 ブログで想いを発信していますが、
 誰も読んでません。
 外部で僕のブログを読んでくれる人がいると知ると、
 『へぇ〜』という感じで驚かれるというか、
 珍しがられているみたいです。


 新しく立ち上がったホームページも、
 自ら感想を言ってくれる人はいません。
 僕が訪ねると、首を縦に振るくらいで
 良くも悪くもないのか・・・。わからないんです。

 毎月発行している『まごのて通信』も、
 感想を言ってくれる人はパート社員ひとりです。
 こちらから訪ねても、
 何か言って欲しいことをお願いしても、
 何も言ってくれません。

 どうすればよいのか?


 自分がそんなに嫌われているとは思いません。
 どちらかというと、
 好かれているほうなのではと思います。
 皆よく協力してくれますから。


 サービスについて、
 相手を思いやることの大切さについて、
 人間らしさについて、
 僕からよく話しをします。
 会社をこうしていきたいという夢も熱く語ります。
 でも、こと自分のことになると、
 遠回し遠回しに言ってしまうのか、
 伝わらない。


 こんな悩み、心労。
 恥ずかしくて、格好悪くて、
 先輩経営者には聞けません。
 他に相談できる人もいません。
 
 ですが、
 今回も本が救ってくれました。


 夢を追って志し高く仕事をしているつもりですが、
 僕は所詮弱い人間。
 些細なことで萎えてしまいます。
 そんな時、いつも本が救ってくれます。
 そして、嫁さんが支えてくれます。


 今回も「I am a man.」という
 レストラン「カシータ」の高橋オーナーの本を読んで、
 自分なりの答えが見えてきました。

 


 それは、
 パートナーに対して愛情を持っているのであれば、
 やはり教えてあげないといけないと言うことです。
 
 高橋オーナーは、
 自分に対して気配りが出来ないスタッフに対して、
 自分が招待した食事会のあと、
 1週間たっても誰ひとりと感想を言ってこないスタッフたちに対して、
 『それは間違っているよ。』っと教えてあげています。

 考えてみると、これも社長の義務ですよね!

 なんで今まで気づかなかったのか?
 自分の愚かさにほんとうに情けなくなります。


 僕はこういう事って社長として格好悪いことなのかと・・・、
 社長はとにかく孤独なもの。我慢。
 自分次第。自分さえ我慢すれば・・・
 っと思っていました。

 でも、ようやく自分の間違いに気づきました。

 これでは、大切なパートナーたちが育たない。

 威張るつもりは毛頭ありませんが、
 明らかに会社の中で目上である僕に対して、
 『社長、昨日はごちそうさまでした。』
 『えー、社長いつの間に作ったんですか?』
 『社長、疲れてないですか?』
 などの気配りが全く出来ない人たちが、
 毎日お見えになるお客様に、
 十分な気配りが出来ているとは思えないから、
 教えてあげなくてはいけないんです。


 明日の会議で、
 穏やかにゆっくりと、
 自分たちが間違っていることを、
 そして、僕も間違っていたことを話し、
 みんなからも感想を聞きたいと思います。


 このブログも、
 今のままでは、パートナーは誰ひとりと読まないでしょう。


 でも、
 きっと、数日後には読んでくれることと信じています。


 ブログを読んでくださっている皆さんの中には、
 会社や施設、病院にお勤めの方々が沢山いらっしゃることと思います。
 きっと立派におつとめされてらっしゃる事と思いますが、
 もし、会社の懇親会などでごちそうになったら、
 それが会社の経費だとしても、
 社長に、施設長に、
 自分から、
 『昨日はごちそうさまでしたわーい(嬉しい顔)
 っと、お礼を言いましょう!
 絶対にその方がステキぴかぴか(新しい)です。



posted by ひろくん at 22:51| 岡山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

【書評】「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」(伊藤信吾)


 読みました。

 僕の大好きな豆腐。「男前豆腐店」。
 その社長が書いた本です。
 とても面白くて、あっという間に読み切りました。


 伊藤社長こそ、
 妄想のカリスマ!
 自分ブランドの達人!ですねぴかぴか(新しい)


 「男前豆腐」が世に出る前の豆腐といえば、
 「味」は二の次で、一番は「価格」だった。
 一丁百円以下は当たり前。
 スーパーのバイヤーの選ぶ基準は「安さ」。
 メーカーは粗利が少ないにもかかわらず、
 「安さ」への飽くなき挑戦(?)を繰り返していた。


 でも、これほどむなしい「もの作り」はないだろう。


 そんな中、
 伊藤社長は一丁三百円という掟破りの豆腐を世に出した。
 しかも、個人商店ではなく、大量生産で。


 その後は皆さんの知るとおり。
 売れまくった。
 
 『うちは良い素材を使って、
  めちゃめちゃ手間かけてつくってるから、
  お客さんお金払ってね(^−^)』


 っていうような伊藤社長のスタンス。
 一言で、カッコイイ[m:87]
 男前!


 サービスとは、
 値段を下げることではない。
 お客様の喜ぶ顔が見たくて、
 そのために汗水流すことだ。


 本書の中で伊藤社長は、
 「もの作り」について以下のように語っている。


 『「もの作り」って、
  さまざまな妄想をふくらませながら、
  それを徐々に具体化していくことだと、
  僕は思ってます。
  妄想はあればあるほどいい。』


 プロの妄想の域は、
 明らかに素人とは違う。
 鮮明さがまるで違う。


 そして、
 そこで出来たストーリーの質は、
 想いと練った時間に比例する。


 そう思いました。

posted by ひろくん at 01:00| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

【書評】「自分ブランドの教科書」(藤巻幸夫)



 読みました。

 ずーっと「島耕作」、「静かなるドン」に没頭してたので、
 ハードカバーの本が溜まっておりまっせあせあせ(飛び散る汗)

 フジマキさんの語りは面白いですよね。

 
 「自分ブランド」

 もっとも憧れる世界ですぴかぴか(新しい)
 
 専門性を磨き、
 頭はやわらかく、
 センスを磨き、
 人間としての奥行きを伸ばし、
 まわりの人を巻き込み、
 一緒に幸せクローバーになりたい。

 そんな人生を送りたい。

 そう思います。
posted by ひろくん at 23:27| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

歩を「と金」に変える人材活用術



 読みました。
 
 いま、読んでない本が山積みふらふら
 漫画も含めると100冊近くありますげっそり

 さて、羽生さんの新刊。

 二宮さんは羽生さんに、
 『社長だったら社員の適正をどうやって見極めていくか?』
 と質問し、羽生さんは以下のように答えています。

 『個々の能力は大切だと思うが、
 全体としての調和の方が
 日本の組織においては重要なのではと思う。
 あまりに突出した人材がいると、
 逆にまとめにくいと言うのがあると思う。
 突出した一人がいるために
 周りが力が発揮できないパターンが多い気がする。』

 将棋が日本に入ってきたときに、
 駒1つ1つの能力を弱めた歴史があるそうです。

 我々が強いと思っている飛車角でさえ、
 外国の有力な駒と比べたら遙かに弱いらしい。

 さらに羽生さんは、

 『盤上でも組織でも一番大事なのは効率。
 角を一枚とられたとか、
 金を一枚とられたとかいう状況でも、
 残りの駒が効率よく配置されていれば、
 だいたい良い勝負になっちゃう。』

 突出した個人のパワーに頼るのではなく、
 組織の効率で戦う。
 効率よく、バランスよく。

 これはじっくり考えたい冷や汗

 パートナー間の連携を、
 トップ・プライオリティーとして考える。
 これは会社の大小の問題に関係なく、
 トップのマネジメントさえしっかりしていれば、
 強く機能するだろう。
 (がんばれ!オレ手(グー)

 カリスマはいらないが(トップはカリスマがあった方が良いと思う。僕にはないが。)、
 組織の中で、
 それほど突出していないリーダーが、
 他のパートナーのサポートを受けながら仕事をする。

 その方がリーダーも伸びるし、
 他のパートナーも伸びる。

 組織の中でケンカをせず、
 素直に伸びていく。

 時間はかかるかもしれないが、
 のちに強いものになると思う。

 そう考えると、
 当社のリーダーにはほんとうに感謝だぴかぴか(新しい)

 この本、第1章はとくに勉強になりました。
posted by ひろくん at 21:25| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

成功のコンセプト



 読みました。
 著者は楽天の三木谷社長。

 三木谷社長は楽天の急成長の秘訣として4点あげている。
 @常に改善、常に前進
 AProfessionalismの徹底
 B仮説→実行→検証→仕組化
 C顧客満足の最大化
 Dスピード!!スピード!!スピード!!

 それぞれについて、深く掘り下げて解説されているのだが、
 読むとどれも理にかなっているのは流石だ。

 Aについて、
 『面白い仕事はない。
 仕事を面白くする人間がいるのだ』
 と、言い切る。
 同感だ。
 どんな仕事であれ、
 やらされていると思えば苦痛だ。
 しかし、
 目的意識を持ってまず一生懸命やれば
 面白くなる。
 そして、その先の相手の笑顔を想像できれば
 もう、天職になるのでは。

 三木谷社長が捉えるプロフェッショナルとは、
 『1日24時間、1年365日、
 どこにいて何をしていても
 仕事のことを考えている人のこと』
 職種問わず、
 世のプロフェッショナルと呼ばれる人は
 まさしくこうであろう。

 おそらくイチローも、
 バッターボックスに入っていないときでも、
 日常の様々な体験の中で、
 常に自分を向上させる意識を持ち、
 アンテナを駆使しているだろう。
 また、ジョギングでもストレッチでも
 きっと目的意識を持って
 一生懸命にやっているはずだ!

 Bの「仕組み」についての捉え方もユニークだ。
 組織として考えた場合、
 まず第一に、
 改善したことがただの標語に終わってしまわないように
 (こうなってしまっている企業は多いだろう)
 改善し続けられる仕組みがなければならない。
 思いついたときだけ改善しようということではなく、
 継続的に改善できる仕組みを作っていく。

 もうひとつ、
 新たなビジネスモデルを、
 組織全体で共有するための仕組化もある。

 最後に
 Dのスピード!!については
 実に24時間仕事バカの三木谷社長らしい。

 『当事者意識を持って仕事をすればスピードは自然に上がる。
 当事者意識がモノの見方を変化させるからだ。
 当事者意識を持って本気で仕事に取り組めば
 人は誰でもプロフェッショナルになれる。
 当事者意識を持ってきちんと仕事に取り組むこと。
 それ以上の従業員満足度はないと僕は思っている』

 最近注目されているES(従業員満足度)については
 いろいろな捉えられ方がある。

 僕も単にお金だけではないと思う。
 以前、パートナーの幸せについて僕は4点書いた。
 @仕事があること
 A自分が成長していける環境があること
 B仕事にやりがいがあり、プライベートでも充実すること
 C高い報酬があること
 この4点を目指して
 社長として責務を全うしなければならないと思っている。

 でも、突き詰めていくと
 三木谷社長のおっしゃる従業員満足度につながるのかなぁ
 と思う。

 この本を読んで
 普段聞き慣れた言葉の持つ深い意味に
 ハッとさせられた。
posted by ひろくん at 05:56| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

マイクロソフトでは出会えなかった天職



 異業種交流会でお世話になっている
 酸素バーの社長様からすすめられ読みました。

 人との出会いと同じように本とも出会いがあります。
 素晴らしい本と出会ったときは胸が熱くなったり
 元気をもらったります。

 この本はすごい!!
 これだけ涙を流した本はそうそうありません。
 元々僕は涙もろいのですが、
 本当に気持ちよく沢山の涙を流しました。

 著者は元マイクロソフトの要職。
 働きづめに働き、
 9年ぶりにとった休暇でネパールに登山に出かけ、
 そこで人生を変える光景を目の当たりにする。

 ネパールの子供たちの通う学校には、
 自分たちの身体にあった机やイスはないばかりか、
 本すらない。
 国が貧しくて学校に本がないのだ。

 義務教育という
 自分たちが何の恩恵も感じずに当たり前に受けてこられた教育を、
 受けたくても受けられない子供たちが、
 本を見たことのない子供たちが
 たくさんいる!


 著者は若くして高い地位と収入を全て捨て、
 自分の犠牲を厭わず人を救う道を選ぶ。
 なかなか出来ないことだ。

 彼の設立したNPO団体は世界中から寄付を募り、
 今ではネパール以外にも貧しい国々に本を寄付し、
 図書館を、
 そして学校を建て続けている。


 最悪なのは、
 “出来ない理由を並べて何もしないこと”
 と言う著者の言葉が胸を突く!

posted by ひろくん at 19:45| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

壁を越える技術



 読みました。
 著者は代ゼミのカリスマ英語講師。
 全身ブラックのドレッシーな洋服に身を包み、
 ワイルドなヘアスタイルにリングのピアス。
 予備校の講師というよりは、
 ホストの親分という感じ。
 
 このギャップ。
 好きです(笑)♪
 これでバリバリ仕事が出来るのだから
 格好良すぎ。

 いきなりですが、
 年収5,000万を軽く超えているそうです!
 予備校の講師も客商売。
 生徒が来なくては商売が成り立ちません。
 しかし、
 生徒から支持が高く結果が出ていれば、
 これだけ稼げるんだ!
 という体制があるということに
 正直びっくりしました。

 あっ、本題に入ります(笑)

 本書は、著者の実体験と思考を組み合わせて、
 人生の様々なシーンで自分の前に立ちはだかる
 「壁」の超え方について書いてあります。
 「壁」に当たったということは、
 それだけでその「壁」は半分超えている
 と著者は言います。
 チャレンジしない人間は「壁」に当たらないから。

 著者が生徒からの支持が高い理由は、
 教え方がうまく偏差値が上がるから
 というだけではないのでしょう。

 プラスα、
 自分の弱さをさらけ出し、
 オープンなハートで、
 ちょっとばかり人生の兄貴分として、
 生徒たちに真剣に愛情という関心をよせて
 授業に当たっているということ。 

 そして、
 合格のまだまだ先にある
 大いなる人生において、
 本当に大事なモノを
 教え込んでいるからでしょう。

 きっと、
 他の講師では真似できない授業スタイルだと思います。

 ちょっと例をあげましょう。

 英語では「影響を与える」ことを、
 「have an influence」という。
 「与える」だから
 「give」かと思うかもしれないが
 「have」。
 つまり
 影響とは、
 自分がただ自分の内部に
 「もっている」だけのもの。
 その自分を深く突き詰め、楽しむとき、
 その人のソウル=オーラが出る。
 オーラとは
 仕事を通じて自分を磨き上げ、
 その結果出てきた
 「自分らしさ」だと思う。

 もう一つ。
 
 「make a difference」という熟語を
 「違いを作る」と間違って訳す人は多い。
 しかし、この熟語は
 「重要だ」という訳が正解となる。
 英語の世界では
 「違いがある」
 つまり、
 「他との違いがあること」が、
 イコール
 「重要」
 なのだ。
 
 西谷先生の授業。
 受けてみたい。
 (受験はしたくないけど^-^;)
posted by ひろくん at 23:52| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下を向いて生きよう。



 読みました。
 とても面白かったです。
 癒されました。

 タイトルを見て、
 ネガティブでちょっと偏屈な印象を受けましたが、
 いやいや、超ポジティブです☆

 “幸せ”の定義って、
 人それぞれあると思いますが、
 これで良いんだなぁ
 っと。。

 まるで
 誰もいない高原で
 おいしい空気をすったかのように
 “すー”っと
 心に入っていきました。

 本が苦手な方でも
 楽しく最後まで読めると思います。

 そして、
 読み終わった後、
 きっと誰とも比べない幸福感を
 味わうことが出来ると思います♪ 
posted by ひろくん at 23:08| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。